和泉市立総合医療センター 看護部

認定看護師のご紹介Introduce

和泉市立総合医療センターで活躍している認定看護師をご紹介。
分野は違えど医療への思いは同じ…それぞれの専門性を深め、より患者さんに信頼される病院をめざしています。

認定看護師のご紹介

岩谷 理佳子

緩和ケア認定看護師

岩谷 理佳子

がんはめずらしい病気ではありません。多くの治療が開発され、がんと戦いながら、がんとともに生きていく期間は長くなっています。療養中に、がんやがん治療による身体や心のつらさは、誰もが一度は経験します。そのような時に緩和ケアを受ける相談をしてくださった患者さんのため、身体や心のつらい症状を和らげ、その人が自分らしく生きていくことを支えていきたいと思っています。私は抗がん剤治療を精一杯頑張る患者さんの姿に心を打たれ、緩和ケア認定看護師になりました。患者さんやご家族が望む生活ができるよう、いかなる時もサポートしていきたいと思っています。

岡田 芙美子

緩和ケア認定看護師

岡田 芙美子

病気とともに生きる患者さんやご家族にはたくさんの苦痛や悩みが伴います。地域や医療が複雑化する中で、患者さんやご家族が様々な選択をし、悩みながらも前を向いていくことを支えながら、病気の段階や程度には関係なく様々な視点を持ち医療チームを推進したいと考えています。そして患者さん一人ひとりがその人らしく生きることをお手伝いできればと日々看護にあたっています。患者さんやご家族が立ち止まってしまったときに、話してみよう、聞いてみようと気軽に相談できる環境を目指しています。

西村 史子

がん放射線療法看護認定看護師

西村 史子

がん療法のひとつに放射線治療があります。放射線治療は身体を傷つける事なく治療するため、身体に対する負担が少なく、合併症がある方や高齢者の方にも適しており、放射線治療に対する需要は高まっています。しかし、まだまだ認知度が低く、治療に対し不安かある方も多いと思います。当施設では、安心して放射線治療を完遂できるよう放射線治療医師、診療放射線技師、認定看護師がチームで関わり、患者さんの日常生活に支障がないよう、副作用のケアなどを支援しています。

白江 薫理

がん放射線療法看護認定看護師

白江 薫理

がん治療を構成する主な治療は、外科療法、放射線療法、薬物療法があります。
その中で、放射線療法は治療中から治療後の副作用への対処方法、日常生活での適切なセルフケアなどが大切になってきます。
放射線治療を受ける患者さんが、身体的苦痛(治療環境による苦痛)、心理的苦痛(治療中の隔離に対する不安、放射線の被爆に関する漠然とした不安)、社会的苦痛(病期の進行への懸念、治療効果に対する不安、日常生活の制限、社会的役割の欠如)を最小限に安全に治療を受けられるようチームで連携し、予定通リの治療が完遂することができるよう取り組んでいます。

松山 しま子

がん化学療法看護認定看護師

松山 しま子

がん薬物療法は支持療法が発達したことから、悪心・嘔吐などの副作用を軽減し、仕事や家事など家庭生活を維持しながら、外来通院で治療を行うスタイルが主流となってきています。しかしながら、副作用の症状は個人差もあり辛い思いをする方もいらっしゃいます。また、脱毛などの外観の変化や予後の不安など、様々な気持ちの辛さが生じることがあります。患者さんやご家族の辛い思いに向き合い、寄り添う気持ちを大切に、治療をサポートし支えていきたいと思っています。
患者さんの笑顔が私の原動力です。一緒に乗り越えましょう。

野田 順子

がん性疼痛看護認定看護師

野田 順子

以前ペーパークラフト作りが趣味である患者さんに出会い、その患者さんの目標に多職種で向き合ったことがありました。その人の痛みが緩和でき、自分らしく生きていく方法をみつけ、イキイキと生活された姿を見られたことが、がん性疼痛看護認定看護師になろうと思ったきっかけです。
がんと診断されたその時から沢山の不安や痛み、それに伴う精神的な苦痛などに悩んでいる方がいます。
それはご家族も同じ。その方々ががんの陰に隠れず一人の人間としての喜びを、一緒に見つけていきたいと考えています。そのために、痛みやその他の苦痛な症状から解放することを大切にしながら日々患者さんと関わっています。

内堀 由加

皮膚・排泄ケア認定看護師

内堀 由加

私が皮膚・排泄ケア認定看護師を目指す動機になったのは、病棟で勤務していた時に、管理困難なストーマを経験したことでした。病棟で、患者さん・ご家族指導を行ったとしても当時はストーマ外来がなく、「ご自宅に帰り何か問題が起こった際に何処に相談できるのだろう…」と。実際、体型の変化や治療の影響などでストーマの変化が起こることも多く、こと排泄に関わることなので、ご本人とご家族だけで悩まれることもあります。現在、当院でストーマを造設された方を対象にストーマ外来を月3回行っています。在宅でストーマを保有された方が些細なことでも相談できる窓口でありたいと思っています。

小田 学

感染管理専従看護師

小田 学

感染管理に関わる様々なデータの収集や管理、これらのデータを用いた現場介入を行い、感染管理の研修会や説明会を通したスタッフ教育、患者さんとそのご家族や職員からの感染管理に関する相談対応を行なっています。
感染対策は、施設内の全ての職員と患者さんが一緒になって行う患者さんの為の対策です。このような業務に就き本当に充実した毎日を過ごしています。職員一人―人が少しでも働きやすい環境を作り、みんなが笑顔で患者さんを迎え入れるそんな病院にすることが私の目標です。

松田 悟

感染管理認定看護師

松田 悟

私は2020年に感染管理認定看護師の資格を取得しました。学習の最中に新型コロナウイルス感染症が全世界に広がり、感染対策が注目される世の中となりました。科学的根拠に基づいた高度で専門的な感染対策を実践すると決意し現場に戻りました。
先輩の感染管理認定看護師はICTの専従として従事されていますので、私は病棟看護と兼任しながら先輩の指導の下働いています。私のビジョンは、現場の状況に見合う環境づくりが大切だと思っています。それは、「職員が安心して働ける環境」「患者さんが生活しやすい環境」だと考えています。

楠根 麻有

認知症ケア認定看護師

楠根 麻有

私は2020年に認知症ケア認定看護師の資格を取得しました。
認知症は、認知機能低下による生活の中の困りごとが症状となって現れます。認知症の人の行動には、きちんとしたその人なりの意味があるのです。それらを周りの人に伝えることが難しくなります。その人の生きてきた歴史の中にその物語があるのかもしれません。
認知症であってもその人らしく過ごせるようお手伝いをさせてください。徘徊も見守りあればただの散歩。皆が笑顔でいられる認知症看護を目指して頑張ります。