和泉市立総合医療センター 看護部

手術室についてOperating room

チーム医療の極み

全員で作り上げる手術室を

手術室教育ビジョン
  • 専門知識を持ち、はっきり意見の言える看護師を育成
  • 患者さんに共感し、代弁でき、情熱を傾けられる手術室看護師の育成
手術室師長 藤原 妙子

手術室師長

藤原 妙子

2019年度より、新卒入職者や既卒新人看護師が安心してステップアップできるよう新人教育計画を一新しました。
看護師主催の学習だけでなく、医師によるミニレクチャーや医療機器メーカーによる器材の説明会などを積極的に取り入れ、手術看護の質向上に取り組んでいます。
今後は手術ごとの手術器械や材料のオーダリングシステムの構築、看護業務の改善を図り、手術を受けられる患者さんに安心安全な手術環境を提供できるよう努めていきます。

手術室の特徴

部屋数
バイオクリーンルームを含む5室
すべての手術室は広く設計され、多数のME機器類が必要な手術にも効果的な作業導線が確保されています。
診療科
消化器外科
呼吸器外科
乳腺外来
婦人科
泌尿器科
整形外科
脳神経外科
形成外科
皮膚外科
口腔外科
手術室の特徴1
手術室の特徴2

手術室看護師メッセージ

看護師アイコン
新人看護師T
看護師アイコン
既卒看護師K
Qアイコン
和泉市立総合医療センターを選んだワケは?
看護師アイコン

二次救急で基礎的な疾患を学び、なおかつ、総合医療センターということで多くの診療科に携われ幅広い経験を積めると考えたからです。

看護師アイコン

手術件数が増加傾向で、経験したことのない口腔外科手術、泌尿器の腎移植手術を予定しており、手術室看護師としてのキャリアを活かしつつ、更なるスキルアップができる環境であると感じた為です。

手術室の様子1
Qアイコン
教育体制は?
看護師アイコン

実地指導者(プリセプター)の先輩が1対1で教えてくださり、できるようになったところは褒めてくれます。分からないことは丁寧に説明してくださり、自分で考える力が付くように日々、指導して頂いています。

看護師アイコン

既卒看護師も新人教育体制(プリセプター制度)が実施され、担当者がいるので現場での実践を確認しながら、安心して働くことができます。

手術室の様子1
Qアイコン
働きやすさは?
看護師アイコン

男性スタッフが多数いることもあり、現場の雰囲気は和気あいあいとしていて、誰にでも話しかけやすいです。

看護師アイコン

僕は二児の父なのですが、みなさん子育てに理解があり、残業が少なく、託児所では手厚く保育して頂けます。子育て世代にもとても働きやすい環境です!

手術室の様子1
Qアイコン
手術室看護師としてのやりがい
看護師アイコン

手術が無事終わり、医師や先輩から「前回よりもスムーズにできている」と褒めてもらえた時は、自分もチームの一員としてやり遂げることができた、と達成感を味わうことができます。責任感を持ち、初心を忘れる事なく、毎日学びを吸収していきたいと思います。

看護師アイコン

手術室看護師は、患者さんと長時間関わることはできませんが、人生の一大事に関わります。
短い時間で関係を作ることは簡単なことではありませんが、少しでも不安を軽減でき、安心して手術に挑んでほしいと思っています。医師から高いレベルの看護を求められ、状況の変化に臨機応変に対応できたとき、やりがいを感じます。

手術室の様子1

ドクターからのメッセージ

呼吸器外科部長 富沢 健二

『置かれた場所で咲きなさい*』これはベストセラー・エッセイの一節で、私の恩師が訓示としてくれた言葉です。 どうあったら現状で咲くことができるのか。考えながら身についたのが、年・月単位の目標を立て、その到達を自己採点する方法です。 2018年4月に呼吸器外科を立ち上げ、年間220例の呼吸器外科手術を行い、1年で泉州一の施設になりました。 手術室は激務で大変であると思いますが、その分やりがいがあり、自身を大きく成長させる素晴らしい職場です。 最大限の協力をしますので、是非とも自分の花を咲かせてください。

*渡辺和子・著; 置かれた場所で咲きなさい 幻冬舎出版, 2017