和泉市立総合医療センター 看護部

教育についてEducation

新人看護師はもちろん中途入職の看護師にも手厚いサポート体制が整っています。
個人個人の主体性を大切に、看護師としての基礎と自信を確実に育て、共に成長していきましょう。

教育目標

一歩ずつ確実に。
継続的な教育で、
誇れる看護を。
和泉市立総合医療センターでは、
継続した院内教育・院外教育を実施。
多くの経験を通して自己の能力を拡大させ、
一人ひとりの目標達成を支援します。

新人の1年間の研修スケジュール

4
  • 看護接遇、電子カルテシステム
  • 看護倫理
  • 新入職員合同合宿
5
  • 静脈注射
6
  • BLS
  • 急変時対応
7
  • 多重課題
  • 食事補助・口腔ケア
8
  • 輸血について
9
  • ストレスマネジメント
  • スキンケア
10
  • 受け持ち看護師の役割
  • 安全管理・1日遠足
11
  • 人工呼吸器装着中の看護
12
  • 感染管理
1
  • 看護管理
2
  • 看取りとエンゼルケア
3
  • 1年間の振り返りと次年度に向けて
  • 事例発表

クリニカルラダー

当院では5段階の到達目標を設定し、一人ひとりの夢や目標を
支援していきます。また院内・院外研修への積極的な参加により、
看護職員の能力開発に努めています。

実地指導者(プリセプター)のホンネ

実地指導者(プリセプター)のホンネ

新人さんを一番近くでサポートしているのが年の近い病棟の先輩。
実地指導者(プリセプター)たちはどんなことを考えながら指導にあたっているのでしょうか?

篠原 菜摘さん(7年目)

権野 未沙紀さん(4年目)

新人さんに自分の思いを大切にしながら成長してほしい

実地指導者(プリセプター)としては「新人さんの思いを聞く」ことを一番大切にしています。
「こうしてほしい」「しないといけない」部分ばかりを伝えるのではなく、新人さんが何を思って行動しているのか、何を伝えたいのかに耳を傾けるようにしていますね。

忙しさの中なので難しい場面もあるのですが、その部分を私たちがくみ取ると「あぁ、こんな良い部分があるんだな」と新しい気づきにもなりますよね。
うちの病棟の新人さんも本当に成長しましたよね!

そうだね。
多くの新人さんが感じることだと思うのですが、学生時代やってきたことと実際の現場にギャップがあるようで…。とにかく初めの事は患者さんとのコミュニケーションに重点を置いていたんです。
苦手意識を克服してもらうことを目標に、まずそこからだろうなと。
今では患者さんから「あの子いい子ね~」と言われています!

今日も患者さんから言われましたよ(笑)!頼れる存在に成長してくれました。

実地指導者(プリセプター)のホンネ

当院には専門的な研修がたくさん

新人研修多いよね!病棟の新人さんに「今日どんなことをしてきたの?」と聞くと沢山教えてくれます。自分自身で振り返っているので、成長に繋がっているんだなと感じます。

他には…年間教育として計画を立て部署内研修があります。
私たちの部署は外科系なのですが、様々な症例を扱っているので月に一回、関心のある分野をピックアップして発表し合っています。

他にも認定看護師さんや医師が専門分野について話してくれる勉強会もあるね。
診療科が増え新しくなったことで専門性が高まって学べることも増えたと実感しています。

実地指導者(プリセプター)のホンネ

協力し合い良い看護を

忙しいからこそ協力しないといけない環境ですね。 声かえも頻繁だからこそ自然と病棟の雰囲気は良くなっているのだと思います。

雰囲気、めちゃめちゃ良いと思います! みんな声をかけあっているので、どこでだれが何をしているのかがすぐにわかる! 看護師だけではなく看護助手さんやクラークさんとかの協力体制もすごく良いです。 あと…先生たちにも意見を言いやすいですね。「私たちはこう思う」っていうのを伝えています。

新しく入ってきた方にとってもそうで、私たちが病棟全体で和気あいあいとしているのですぐに打ち解けられるんだと思います。 もうお互いの年齢が分からなくなるくらい(笑)協力し合い患者さんの為に良い看護ができればと一丸となっています。

実地指導者(プリセプター)のホンネ

教育責任者メッセージ

森 佳恵Mori Yoshie
医療が高度化し、多様化している社会のニーズに対応していくためには、 「やさしさと思いやり」だけでは患者さんに満足して頂くことは 難しいと考えています。
看護の仕事は、常に判断を迫られる場面の連続であり、自分で考えて患者さん ・ご家族の欲求に応えていかなければなりません。
また、看護の仕事は、「塀の中の向こう側」と言われるように外からは見えにくく、 看護師対患者さんの関係でケアを行う場面が多くあります。そのような状況の中で、 如何に「倫理観」をもって患者さん・ご家族に接していくかが重要になってきます。
相手を尊重し、患者さん・ご家族の想いに心で寄り添いながら考えて行動できる看護師を育成したいと思っています。           
森 佳恵