和泉市立総合医療センター 看護部

先輩の声Staff

先輩の声

  • 様々な経験を積み、キャリアアップできる環境
    当院では内科勤務を経て、救急外来の放射線科に配属されました。配属された当初は不安しかありませんでしたが、やるしかない!という思いから必死にがんばる中、INE(インターベーションエキスパートナース)の資格を取得することができました。この決断にCVIT専門医をはじめ、スタッフのみんなが喜んでくれ、サポートいただき本当にありがたかったです。新病院になってからは、救急外来から、血管治療室に直結しているので、すみやかに移送できるのも強みとなりました!救急治療の場合は緊迫した状況が多く、厳しい場面もありますが医師、看護師、コメディカルと連携を図り、患者さんの救命を第一に一丸となって取り組んでいます。
    救急外来所属 増田 有美 Masuda Yumi
  • リンパ浮腫医療従事者として患者さんのためにできることを
    身内にリンパ浮腫のものがいたこと、また入院していた方もリンパ浮腫に悩まれている方が多い中で、苦痛緩和のために何ができるのか考えました。その時、「リンパ浮腫セラピスト」の存在を知り、資格取得をめざしました。また、資格を活かしていくことを考えた際に、リンパ浮腫外来も行っており、自分の知識・技術を活用できると考え当院を希望しました。リンパ浮腫に悩まれている患者さんの、日常生活の質を向上させ、少しでも症状が改善できた時にやりがいを感じます。今後はリンパ浮腫療法士の資格取得のためにさらにスキルアップをめざして頑張りたいです。
    6階東病棟所属 福永 絢佳 Fukunaga Ayaka
  • 新人に対しては、「自分のやることに根拠を持って行動してほしい」と常に意識しながら関わっています。1つの行動が患者さんの状態を左右することもあるので、自分の行動に責任を持ってほしいと考えています。また、学ぶ意欲を大切にしてほしいと思います。そのために、実地指導者として病棟全体で新人をフォローするように調整し、学びやすい環境を作ることができるように心がけています。
    今回、初めて実地指導者を担当させていただき、不安も大きかったのですが、定期的に自分の評価をする機会があることや、上司も常に気にかけてくれているので、自分自身も成長しやすい環境にあり、とても恵まれていると感じています。上司からだけではなく、新人に学ぶ事も多く、毎日やりがいを感じながら働くことができています。
    現在は新人の夜勤自立と事例発表に向けて新人と話す機会が多いです。その中で、悩みについて相談をうけたり、成長を感じたときにはともに喜んだりしています。これからもお互いに良い関係を気づきながらともに成長していけるように努めていきたいと思っています。
    2015年入職 5階東病棟 田口 寛 Hiroshi Taguchi
  • 私は、新人のプリセプターとして1年間関わらせて頂きました。初めは、どのように指導したら良いのかなど、分からないことが多く悩むこともありました。新人看護師さんは社会人として初めての仕事であり、看護師として初めて患者さんに関わること、覚えないといけないことがたくさんあり緊張と不安で一杯だったと思います。
    私は看護師として大切な「報告・連絡・相談」をしやすい指導者を目標とし、新人であった頃の自分を思い出しながら関わりました。毎日少しずつできることが増え、疑問に思ったこと、困ったことを相談してくれるようになり、成長する姿を近くで見ることができ嬉しく思いました。また、分からないことは共に学ぶ姿勢が新たな気づきとなり、新人看護師から学び成長する機会ともなりました。 
    プリセプターの経験を通し、学んだことを忘れず、今後もより良い看護が提供できるよう新人看護師と共に成長していきたいです。
    2015年入職 8階西病棟 日下 友紀菜 Yukina kukasa
  • ICUでは、「スタッフ全員で行う新人教育」をスローガンに、指導を行っています。
    急性期という部署の特徴柄、緊急入院や急変対応などがあり、アセスメント能力や判断力が求められます。そのような中、新人看護師も困難にぶつかることも多くありますが、個々の特徴を把握し、それぞれの良さを引き出しながら、看護力を育て、スタッフ全員でサポート出来るよう心がけています。日々状態が変化する患者さんの身体面を捉え、患者さんや家族への精神面のケアも行えるような看護師へと成長してほしいと思っています。
    一生懸命に頑張っている新人看護師の姿を見て、私自身も教えられる事や、気付かされる事がたくさんあります。自分自身が看護師1年目、2年目の時の気持ちや悩みを思い出しながら、同じ目線に立ち、困ったことがあればなんでも相談出来る良い関係性を築いていきたいです。ポジティブフィードバックを心がけ、一緒に問題解決を出来るよう関わり、私自身も指導者として、看護師としても成長していけたらと思います。
    2014年入職 ICU 下村 明彩夏 Asaka Shimomura
  • 看護の仕事は大変なことも多いですが、患者さんとの関わりを通して学ぶことも多いです。私は、入職時不安と緊張の中でケアを行っていました。先輩看護師からのアドバイスやサポートを受けてできることが徐々に増え、看護師という仕事にやりがいを感じることができました。
    3年目では、新人看護師の指導をさせてもらいました。自身の知識・技術・態度を見直す良い機会でもあり、実際に指導することを経験して、相手に分かりやすく教えることの難しさを知ることが出来ました。
    現在、私は呼吸器内科の病棟へ勤務しています。喘息やCOPDなど呼吸器疾患を患っている患者さんが多く入院しています。不安な気持ちを抱えた患者さんを励ましたり、治療に臨む患者さんのサポートをしたり、患者さんにとって最も近い距離から心身ともにケアができます。症状が改善し、病気が治癒したとき、患者さんの「ありがとう」の感謝の言葉が日々私の働くモチベーションになっています。5年目を迎え後輩を指導する立場になるなど、仕事の幅も広がってきました。経験を積み、一人でも多くの患者さんに手を差し伸べられる看護師になりたいと思います。
    2017年入職 8階東病棟所属 中原 梨紗 Risa Nakahara